絶滅の危機にある真ん中

私の妹が「真ん中は絶滅の危機がある」と言いました。
何のことかと思ったら兄弟について、だそうです。

真ん中、つまり第二子のことです。
妹は3人兄弟の真ん中、自分と同じく真ん中の人が少なくなっていると話しました。

少子化といわれる現在、各家庭子供の人数が減っています。
昔は兄弟が多く、私の祖父母の代ではは8人兄弟や10人兄弟なんて人もいました。
しかし今では一人っ子も多いですね。

一人っ子、2人兄弟だと真ん中はいないわけです。
兄弟が多い人が減っているということです。

確かに、日本全体を見れば「少子化」「高齢化社会」と言われ、
小学校も人数が減り空き教室が沢山あるようです。

しかし、私の周りでは3人兄弟の人がとても多いです。
私の友達も3人兄弟が多いですし、その子供も3人兄弟が多いです。
不思議ですね。

しかも、高確率で男児2人に女児1人です、中には4人子供がいるなんて人も何人か…。
妹は絶滅の危機にあると言っていた真ん中ですが、私の周りには沢山います。